パラマウントベッド

TVCMで話題の電動リクライニングベッド
『パラマウントベッド』を好評展示中!

〈 春日部本店 / 匠大塚青山 〉

どう生きるかは、どう眠るかだ。

パラマウントベッドは1947年に病院用ベッドの専業メーカーとしてスタート。日本国内で高いシェアを得るとともに海外への納入実績は100カ国以上にのぼります。医療の現場で培った独自の技術と最新の睡眠研究を基に、よりクオリティの高い睡眠環境の実現を目指すパラマウントベッド。ぜひ春日部本店と匠大塚青山の2店舗で、実際に見て触ってお確かめください。

皆さまに「上質な眠り」をお届けします。

昨日は硬め、今日は柔らかめ。
寝心地は、親指ひとつで変えられる。

ベッド
シングルサイズ
209,000円~

日々の小さな変化から、人生の大きな変化まで。あらゆる変化に対応できるベッドやマットレスをつくり、自分らしい生きかたをかなえる、自分らしい眠りをすべての人へ贈りたい。パラマウントベッドの睡眠の常識を超える挑戦、それがActive Sleepです。

眠りの自動運転。2つの自動運転が、
一晩の眠りをトータルプロデュース。

就寝時は「入眠角度」で心地よい眠りをサポート。眠った後はとても静かに、とてもゆっくり自動運転。ベッドをフラットにして、快眠に必要な寝返りをうちやすく。朝もベッドの背が動き、すっきりとした目覚めを促します。
あなたが寝ている間に、Active Sleep BEDはあなたの眠りを見守りながら、黙々と働きます。

眠ったら自動でベッドがフラットに。朝はベッドが動いて目覚めを促す。自動運転は、アプリで簡単にスケジュール設定

電動リクライニングベッドINTIME 1000

セミシングル145,000円~

気持ちの良い寝つき。すこやかな眠り。爽やかな目覚め。
そんな満ち足りた睡眠でさえ、インタイム1000にとってはスタートラインにすぎません。

たとえば、ほんのすこし背を起こす、膝をあげる。
それだけで、あなたの期待を超えた眠りの世界へ。
就寝時以外でも、本を読む。ビデオを観る。あるいはのんびり過ごす。

それぞれの状況に合った最適な姿勢へもスムーズに。
しかも、起き上がる、立ち上がるなどの動作がらくにこなせます。

心地よく眠るためのベッドから心地よく過ごすためのベッドへ。
さらには、あなたの動きをしっかりサポートするベッドへ。
それが、電動ベッド・インタイム1000 です。

起き上がること。立ち上がること。
あなた孝行な機能を備えています。

スムーズな起き上がりに
リクライニング[背上げ]機能

上半身を起こすことで、楽な姿勢で本を読んだりくつろいだりできます。疲れにくい姿勢で長時間ビデオを見ることも。そんな快適ライフがあなたのものに。もちろん、起き上がることもスムーズにできます。

足のむくみも和らげる
フットレスト[膝あげ]機能

膝の角度が調整できる、文字通りの休息機能。かかとを腰より高くすれば、足のむくみも和らげてくれます。また、リクライニング時には身体のズレの予防にもなります。

らくな立ち上がりに
ハイロー[高さ調節]機能

眠るときには低床にするなど高さがお好みで調節できます。ベッドを膝よりも高くセットすれば、立ち上がるのもかんたんです。ベッド下のおそうじの負担も軽くしてくれます。

パラマウントベッドならではの発想力が、
いかんなく活かされています。

快適な起き上がりに らくらくモーション
ワンボタン操作で、[ 背あげ][ 膝あげ] を連動してコントロール。

パラマウントベッド独自の機能です。まず膝が上がる。次に背中が。 そのため、おしり部分がホールドされ、身体のズレを抑えながらあなたを快適に起き上がらせてくれます。リクライニング機能だけのベッドと比べ、胸やおなかへの圧迫感も大幅に軽減。 あなたにやさしい、使い勝手のよい機能です。

液晶画面付き手元スイッチ
操作内容がひと目で分かります。

リクライニング(背あげ)時の角度表示やベッドの高さ表示などは、パラマウントベッドだけ。 液晶表示で確認しながらかんたん・かくじつ・あんしん操作。 スイッチの形状やボタン配列など人間工学に基づいた「どなたにも使いやすいデザイン」を目指しました。 「メモリーポジション」機能を使えば、お気に入りのポジションで一旦停止してくれます。

機能が選べる3タイプ

インタイム1000は、「リクライニング(背あげ)機能」 「フットレスト(膝あげ)機能」、さらには「らくらくモーション」 の組み合わせで、3つのタイプからお選びいただけます。

機能

この他にも展示がございます。ぜひ店頭でお確かめください!

※展示状況が変わる場合がございます。
事前に春日部本店・匠大塚青山の各店舗にお確かめください。

確かな価値との出会いDiscover the true value of fine furniture.

匠大塚

TOP